学習

忙しい社会人が無理なく勉強時間を捻出できる5つの方法

勉強したいのに、仕事が忙しくて時間がとれないよ……。

勉強時間は、時間の使い方を見直したり、細かな時間を有効に使うことで捻出できます。

この記事では、社会人が勉強時間をつくるための方法を5つご紹介!

わたしも時間づくりに悩みながら、試行錯誤して見つけてきました。

筆者プロフィール

  • 30歳から勉強方法を試行錯誤
  • 仕事帰りにカフェで勉強して、国家試験合格
  • すきま時間やながら時間を使って、効率良く勉強している
  • 毎日2時間以上の学習時間をつくっている

勉強時間を捻出すれば、収入アップや理想の暮らしにつながります。

ぜひ参考にして、より良い生き方を今からめざしましょう!

社会人が勉強時間を捻出できない理由

勉強時間を捻出する方法を知る前に、社会人が「時間がない」理由を知っておきましょう。

勉強する時間がとれない理由は、以下の2つです。

あなた自身にあてはまっていないか、確認してみてください。

社会人が勉強時間を捻出できない理由

  1. 仕事や家事が忙しくて時間がとれない
  2. ダラダラする時間が多い

毎日の仕事や家事が忙しいと、勉強にさける時間がありませんよね。

毎日が忙しい方は、時間の使い方を見直したり、すきま時間を上手に活用すると良いでしょう。

また、時間はあるけど、その時間をダラダラ過ごしてしまう方もいますよね。

テレビやYouTubeを見て暇つぶししている時間を、勉強時間に変えればOKです!

かずっく
かずっく
毎日2時間以上勉強することは、難しくありません。

時間の使い方を見直して、学習時間をつくりましょう!

社会人の勉強時間は1日平均6分!?

2016年に総務省統計局が実施した「平成28年社会生活基本調査」によると、以下のデータが示されています。

  • 調査日に「学習・自己啓発・訓練」(学業以外)をおこなった人の割合:38.5%
  • 1日当たりの「学習・自己啓発・訓練」(学業以外)総平均時間:6分

社会人の学習時間の平均は、1日6分という驚愕の短さ!

多くの社会人が、勉強する時間をほとんど取っていないんですね。

そのため少しでも学習している人は、知識スキルでまわりと差をつけられます。

一歩抜きん出た社会人になるため、この記事を参考にしてくださいね!

勉強時間を捻出するために、社会人ができる方法5選

勉強時間を捻出するには、時間の使い方を見直すことが重要です。

ここでは勉強時間の捻出に有効な方法を、5つ厳選して紹介します。

社会人が勉強時間を捻出できる方法5選

  1. 残業をやめる
  2. 早起きする
  3. 予定表に入れる
  4. すきま時間を活用する
  5. ながら聞きでインプットする
かずっく
かずっく
どれも、これまでにわたしが実践してきた方法です。

それぞれ解説していきますね。

①残業をやめる

時間の使い方の見直しで最も効果的な方法は、残業をやめることです。

残業はあなたの時間だけでなく、気力も奪います。

かずっく
かずっく
残業の後は休みたくて、勉強のやる気なんて残ってないんですよね。

仕事は定時で切り上げて、できた時間を勉強にあてましょう。

仕事帰りにカフェへ寄って勉強するなど、有意義な時間の使い方もできますよ!

かずっく
かずっく
中には、お金が欲しいから残業する方がいます。

ですが、残業ではなく学習やスキルアップに時間を使うほうが、収入アップにつながり価値があると思いますよ。

残業よりも自分自身のために時間を使って、より良い未来を手に入れましょう!

②早起きする

勉強は、朝早くやるのが効率的!

早起きして勉強することには、以下のメリットがあります。

  • スッキリした頭で、集中して取り組める
  • 疲れていない状態で、集中力が続きやすい
  • 通知や連絡がなく、気が紛れにくい
  • タイムリミットが明確で、短時間で一気に仕上げられる

早起きして勉強するには、1日のスケジュールを調整しましょう。

特に睡眠時間は削るべきでないので、寝る時間のコントロールが大事ですよ。

③予定表に入れる

何時から何時まで勉強するか、予定を決めておくと効果的です。

予定を決めておくと、勉強を始める心理的ハードルが低くなります。

その効果をより高めるために、予定表に書き入れましょう。

予定表に計画として組み込んでおけば、重い腰をあげる気力が要りません。

もう1つ重要なのは、入れた予定は必ず守ること!

計画を守り達成感を得ることで、勉強が続きやすくなりますよ。

かずっく
かずっく
予定を必ず守ることの効果は、後述の「続けるために注意したいポイント」で説明します。

④すきま時間を活用する

時間がない社会人は、すきま時間を有効活用することが大事。

どんなに忙しい方でも、わずかに空く時間は存在するもの。

数時間・数分の空いた時間を見つけて、学習時間にあてましょう。

  • 待ち時間に電子書籍を読む
  • 通勤電車で動画学習する
  • 料理の合間に本を読む

など

かずっく
かずっく
小さな時間の積み重ねが、あなたをどんどん成長させてくれますよ。

⑤ながら聞きでインプットする

最後に、別の作業をしながら耳でインプットする学習法もおすすめです。

時間や場所にとらわれず、好きなタイミングで勉強できます。

  • 散歩しながら英語のリスニング
  • 徒歩通勤中にオーディオブックを聞く
  • 家事をしながら音声配信でインプット

など

スマホとイヤホンがあれば、簡単にできるのでお手軽♪

まとまった時間がとれなくても、細切れで学習時間がとれて便利ですよ。

かずっく
かずっく
わたしは犬の散歩の時間を、学習時間にあてています。

耳が空いていて勉強に使える時間がないか、探してみましょう!

社会人が勉強を続けるために注意したいポイント

勉強は、続けてこそ効果があるもの。

時間を捻出できたら、それを継続することを考えましょう。

ここでは、勉強を継続するために注意したいポイントを紹介します。

勉強を続けるためのポイント

  1. 睡眠を十分にとる
  2. 決めたことを守る
  3. 無理はしない
かずっく
かずっく
つくった勉強時間を無駄にしないために、3つの注意点を守りましょう!

①睡眠を十分にとる

継続して勉強するには、睡眠が欠かせません。

睡眠が不足すると、集中力が続かなくなります。

せっかくインプットしても、内容が頭に入らず効果が半減。

さらに睡眠不足は、苛立ちやネガティブな感情を引き起こし、勉強意欲の低下させます。

続けるためには、7時間以上の睡眠を心掛けましょう。

かずっく
かずっく
睡眠は生活の基本!

十分休んで、しっかり勉強しましょう!

②決めたことを守る

勉強のノルマや時間を決めたら、何がなんでも守るようにしましょう。

決め事を守っていると、自己効力感が上がり自信につながります。

するとモチベーションがアップして、継続しやすくなります。

逆に決めたことを守らないと、自信をなくして続けられません。

なかなか守れない方は、勉強する時間を予定表に組み込んでおきましょう。

かずっく
かずっく
決め事を守っていると習慣になって、すんなり勉強に入れるようになりますよ。

③無理はしない

勉強するうえで一番注意したいのは、無理をしないことです。

「勉強しなきゃいけない」という強迫観念からは、良い勉強はできません。

また無理な学習予定を組んでも、達成できず自信を失い、続かなくなるだけです。

勉強は自分がやりたい分野で、自分にあったペースでおこなうのが一番!

好きな分野、自分のペースで、無理なく楽しく学習しましょう!

かずっく
かずっく
始めたては、自分にあった方法がわからないと思います。

続けながら改良し、自分なりの勉強方法を見つけましょう!

まとめ|社会人は無理なく勉強時間を捻出して継続しよう!

この記事では、社会人が勉強時間を捻出する方法について、厳選して5つ紹介しました。

社会人が勉強時間を捻出できる方法5選

  1. 残業をやめる
  2. 早起きする
  3. 予定表に入れる
  4. すきま時間を活用する
  5. ながら聞きでインプットする

そして勉強は、継続が一番!

好きな分野を無理のない範囲で、かつ決めたことは守って勉強に取り組みましょう!

かずっく
かずっく
勉強している人としていない人とで、大きく差がつく社会人。

ぜひ時間をつくって、学んでいきましょう!

 

 

ながら聞きで勉強するなら、SHOKZの骨伝導イヤホンがおすすめです。

周囲の音が聞こえるので、危険察知や周囲を確認しながら音声学習したい状況に便利です。

ペットの散歩、ウォーキングやランニング時、家事をしているときに重宝します。

値段は高いですが、使用できるシーンは多くコスパは抜群!

セール時をねらって購入すれば、お得に手に入れられます。

30日間返品保証がついていて、お試しして合わなければ全額返金してもらえますよ。


ABOUT ME
かずっく
32歳|夫婦2人暮らし|「心地いい暮らし」をテーマに、自分で試して良かったもの・ことを中心に紹介|節約大好き、でもお金は使う|時間の無駄が嫌い|妻といる時間が幸せ|