働き方・仕事

自分の強みの見つけ方5選|望みのキャリアを描くために

どうしたら自分の強みが見つかるんだろうか……。
面接で強みをアピールするとき、どんなことに注意したらいいのかしら?

この記事では、自分の強みを見つける方法を5つ紹介します。

いずれの方法もわたしが実践して、転職やキャリア戦略に役立てています。

筆者プロフィール

  • 転職に1回成功
  • さらなるキャリアアップに向け、2回目の転職活動中
  • 強みの見つけ方を実践し、面接対策に活かしている

5つの方法を使えば、きっとあなたの強みも見つかりますよ!

かずっく
かずっく
今後のキャリア戦略や転職面接に備えて、何度も実践して強みを見つけましょう!

強みを見つけることはキャリア戦略に重要

強みは、キャリア戦略を練るのに重要な要素の1つです。

人ひとりがもつ時間は有限。

限られた時間で望みのキャリアを描くには、強みを活かすのが最も効率的です。

人生において仕事に費やされる時間は、3割と言われています。

人生の約3分の1の時間で、強みを活かさないのはもったいない!

仕事をより充実させるためには、自分の強みを把握することは必須です。

自分の強みを見つける方法5選

強みの見つけ方は数多くのサイトで、いろんな方法が紹介されています。

ここでは、わたしが実際にやって効果があった方法を5つ紹介します。

自分の強みを見つける方法5選

  1. 好きなことから見つける
  2. 過去の成功体験から見つける
  3. 褒められたことから見つける
  4. 他の人に聞いてみる
  5. 診断ツールを使う
かずっく
かずっく
以下で、それぞれ簡単に説明しますね。

①好きなことから見つける

強みは、好きなことの中に隠れています。

好きなことに熱中・没頭してしまうのは、自然と強みが活きている証拠。

好きなことを深掘りして、自分の特徴を見つけましょう。

ポイントは、「好きなことの “何” をしているのが好きか」を考えることです。

  • 読書が好き
    →本を読んで知識を得るのが好き
    強み:知識欲
  • バックギャモンが好き
    →相手に手出しさせずに勝つ方法を考えるのが好き
    強み:戦略家
かずっく
かずっく
好きなことを「なぜ?」で深掘りして、隠れた強みを探し出そう!

②過去の成功体験から見つける

過去の成功体験には、自分の強みが活かされています。

前職での業績など、なぜその経験を成功へ導けたのか深掘りしましょう。

  • 評価方法を1から作りあげ、多くの部署の協力を得ながら成し遂げた。
    強み:やり抜く力
  • 現場の意見をキャッチアップし、自ら調査してコスト削減につなげた。
    強み:行動力、フットワークの軽さ

成功体験は、小さなことでも構いません。

また、自分が「成功だ!」と思える経験ならOKです。

かずっく
かずっく
たとえ結果が失敗に終わったものでも、自分の中で成し遂げたと思えるなら立派な成功体験。

その背景には、あなたの強みが隠れていますよ!

③褒められたことから見つける

自分の強みを見つけるのに、他人からの評価は効果的です。

過去にどんなことで褒められたか、思い出してみましょう。

  • バイト先で、仕事をテキパキこなす褒められた。
    →早く届くほうが、お客さんは喜ぶと考えていたから
    強み:思いやりがある

褒め言葉は、あなたを客観的にみた意見です。

そこには他人と比べて優れている、あなたの強みが隠れていますよ!

④他の人に聞いてみる

人間は、自分自身をなかなか客観視できないもの。

客観的な意見をもらうため、友人や家族などに聞いてみましょう。

  • 知り合いの先生から「文章が特徴的」と言われた
    →強み:文章で伝える力

身近にいる人ほど、あなたの良いところを知っているもの。

人に聞くなんて……、恥ずかしいよ……。
かずっく
かずっく
身近な人のほうが、客観的に見て良いところを言ってくれるよ。

人生を良くするためと割り切って、恥ずかしさは忘れよう!

⑤診断ツールを使う

診断ツールを使って、自分の強みを見つけることもできます。

有料であれば、ストレングスファインダーがおすすめです。


本書の特典にあるウェブテストを受けることで、特徴的な強みを5つピックアップしてくれます。

無料でおこないたい場合は、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」がおすすめです。

リクナビに無料登録するだけで利用でき、質問に答えて強みを判定してくれます。

「グッドポイント診断」は1回しかできませんので、注意してください。

※次の転職時に利用したくても、基本的にできません。

かずっく
かずっく
客観的に診断してくれることで、自分で気づけない強みが見つかる可能性もありますよ!

面接で自分の強みをアピールするには

キャリア戦略を実行するのに、避けては通れないのが面接!

ここでは自分の強みを面接官にアピールするために、大事なポイントを紹介します。

面接で強みをアピールするときのポイント

  1. 強みの根拠を話す
  2. 相手のメリットに変えて話す
かずっく
かずっく
それぞれマスターして、面接に役立てましょう!

①強みの根拠を話す

自分の強みをアピールするとき、その根拠となるエピソードも話しましょう。

先ほど強みを見つける際に、好きなことや成功体験などから見つけましたね。

面接でアピールするときは強みを話してから、エピソードで根拠づけをすれば大丈夫です!

  • 「やり抜く力」が強み→他社への説明資料をつくるときに、データ収集を評価方法づくりからおこなった。知識経験の乏しい分野へのチャレンジであったが、自ら調べ、自部署・他部署からの協力を得ながら成し遂げた。

エピソードは嘘なく本質から外れない範囲なら、少し誇張してもOK!

自分がいかに有用な人材であるか、インパクトかつ説得力のある根拠をつけましょう。

②相手のメリットに変えて話す

面接は、自分がやりたいことを話す場ではありません。

相手(面接官や会社)にとって、自分は価値があるのだと売り込む場です。

そのため相手の立場を考えて、メリットを提示しましょう。

面接官によって、提示してほしいメリットは異なります。

◯面接官が入社後の上司なら

  • 即戦力となる能力をもっているか
  • 部署、職場になじめるか

など

◯面接官が役員なら

  • 将来有望な人材であるか
  • 長く会社に勤めてくれるか

など

面接官が聞きたいことに合わせて、内容をカスタマイズしていきましょう!

まとめ

この記事では、自分の強みの見つけ方を厳選して紹介しました!

自分の強みを見つける方法5選

  1. 好きなことから見つける
  2. 過去の成功体験から見つける
  3. 褒められたことから見つける
  4. 他の人に聞いてみる
  5. 診断ツールを使う
かずっく
かずっく
いずれも、わたしが実際におこなって強みを見つけている方法です!

強みはキャリア戦略を考えるのに必須ですし、面接でアピールするのに重要です。

ぜひいろんな方法を試して、自分の強みを見つけましょう!

キャリア戦略を考えるのに、森岡毅さん著書『苦しかったときの話をしようか』(ダイヤモンド社)がおすすめです。

マーケターの視点から、キャリアの目的の定め方・強みの見つけ方・面接で自分を売り込む方法が記載されています。

わたしは本書で紹介されている「T・C・Lに分類」で、はっきり強みを認識しました!

30代でキャリアに迷っている方に、おすすめの1冊です。


ABOUT ME
かずっく
32歳|夫婦2人暮らし|「心地いい暮らし」をテーマに、自分で試して良かったもの・ことを中心に紹介|節約大好き、でもお金は使う|時間の無駄が嫌い|妻といる時間が幸せ|